請負業者賠償責任保険「パートナー」

請負業者賠償責任保険

組合員の皆様が請負った工事現場。最近の工事は機械化が進み、一般住宅の建設にまで大型重機やクレーンが入るようになりました。

ひとたび事故が起きてしまうとその責任も、重大かつ致命的な事故ともなりかねません。

「パートナー」は
こんな時にお役に立ちます。

仕事の遂行に起因する
損害賠償

 建築工事、増改築工事等の現場で工事用資材・機材などを落下させたり建設機械類の倒壊等、請負工事(作業)の遂行に起因する賠償責任

仕事の遂行のために用いる
「施設」に起因する損害賠償

 現場事務所、資材置場等の付帯施設が原因となった賠償責任

パートナーのメリット

 建築工事や、増改築工事等に伴って発生するさまざまな賠償事故を補償します。
 万一事故が発生した場合の賠償資力の確保により、経営の安定化がはかれます。
 十分な補償体制により、社会的信用度の向上がはかれます。
 全建総連の組合員を対象とする制度ですので、個別に加入される場合に比べて、割安な保険料で加入することができます。

事故の例

建築中の建物の屋根から鉄板が落下し通行人にケガを負わせた。
クレーンが倒れ隣の民家を損壊させた。
木材を吊り上げ中、落下させ通行人が死亡した。
屋根から作業員が落下し、通行人に重傷を負わせた。
子供が作業場内に立ち入り、穴に落ちてケガをした。
建築中の建物の屋根から工具を落し通行人にケガを負わせた。
工事現場でコンクリートのブロックの外壁が崩れ、通行人にケガをさせた。
工事現場の養生シートが風であおられ自転車が転倒、通行中の主婦にあたりケガを負わせた