10代の大工さんは全国に2920人しかいません! ~みんなで「いいね!」を押して応援しよう!~

2015年の国勢調査では、全国に大工さんは35万人しかいないとされています。しかも、10代の大工さんは2920人しかいません。1985年には全国で81万人もいた大工さんが半分以下に減っています。

このままでは、近年、多発している地震や台風・豪雨などの自然災害が起こった時に家を修繕してくれる人がいなくなってしまい、災害からの復旧ができなくなってしまいます。

全建総連では建設職人の育成のためには賃金の引き上げと労働条件の改善が必要だと訴えています。下記のURLからアクセスして、「いいね!」を押して、全建総連の運動を応援してください!

建設職人の活躍には賃上げが必要です|全国建設労働組合総連合 (zenkensoren.org)